Information

一般社団法人 島田青年会議所

〒427-0056

島田市大津通1965番地サンライズ島田3-B 号

TEL:0547-35-6359 FAX:0547-37-7855

(開局時間:水曜日・祝休日を除く平日10時~16時)

Copyright © Junior Chamber Intemational Shimada. all rights reserved.

第1章 総  則

第1条 この法人の運営についての、細則は、この規定の定めるところによる。
 

第2章 役員の職務

第2条 定款に定める役員の職務の他に、次の任務を有する。
    (1)理事長
       ① 理事長は理事会に於いて討議決定された事項を総会及び例会に於いて報告する。又、総会に於いて

         決議された事項を企画、検討、実施する。
       ② この法人の代表として対外的な発言をし、総べての事業の統括責任を負う。
       ③ 日本青年会議所、地区協議会、ブロック協議会等が主催する会議に出席し、本会議所の有する議決

         権の行使及び意見の発表を行う。
    (2)直前理事長
       ① 理事長の会務に関し助言を行い、この法人の円滑な運営に協力する。
       ② 理事会に出席してその職務に関し意見を述べることができる。ただし。議決権を有しない。
    (3)副理事長
       ① 理事長との連絡を密にし、会員の意見の調整と統一を計り、この法人の円滑な運営に務める。
       ② 会務を分担し、各々担当の委員会を統括し、各委員会の連絡調整を図ることにより事業を推進す

         る。
    (4)理事
       ① 理事は理事会を構成し、事業担当理事は、この法人の目的達成のため、事業を企画、検討、実施

         し、且つ、その成果を報告書にて担当副理事長をへて理事長に提出しなければならない。
       ② 各理事の職務分掌に疑義の生じた場合は、理事会の決定に従う。
    (5) 監事
       ① この法人の予算、事業等が定款に基づき正確に行われているかを監督し、誤りがあればただちに理

         事会に報告しなければならない。
       ② 理事会に出席してその職務に関し意見を述べることができる。ただし議決権を有しない。

 

第3章 例会及び出席

第3条 この法人は、その目的達成に必要な事項の調査研究と会員相互の意思の疎通を図るため原則として、毎月1

    回の例会を設ける。
第4条 正会員は例会、通常総会、臨時総会、所属委員会、その他この法人が催す会合に出席する義務を有する。
第5条 例会の運営は、理事会の決定するところによる。
第6条 正会員は、例会に60%以上出席する義務を有する。
  2 前項の出席率に満たない正会員に対し、理事会は勧告状を発する。
  3 例会の欠席が連続2回に及んだ会員の所属委員長は、会員に対し勧告を行い、理事会にその旨を報告する。
  4 例会皆出席の会員は総会に於いて表彰する。
  5 公益社団法人日本青年会議所、東海地区協議会、静岡ブロック協議会等の公務の為やむを得ず例会を欠席す

    る際、事前に理事長に書面による届出があった場合は出席したものとみなす。
第7条 例会及び委員会に欠席、遅刻又は早退しようとする正会員は、予め担当委員会あるいは所属委員会の長に届

    出なければならない。
第8条 この法人以外の青年会議所の例会に出席した正会員で、その証明する書類を理事長に提出したときは、この

    法人の例会に出席したものとみなす。
第9条 例会の服装は、原則として背広、ネクタイ、JCバッチ、ネームプレートを着用するものとする。また夏季

    はクールビズを認める。

 

第4章 事業及び委員会

第10条 この法人には、定款の目的達成に必要な事業を研究、調査、審議及び実施するために、次の委員会を置く。
    (1)総務委員会
    (2)指導力開発委員会
    (3)社会開発委員会
    (4)経営開発委員会
    (5)青少年開発委員会
    (6)会員開発委員会
    (7)広報委員会
   2 本条第1項から第7項までの委員会の併合、分離は理事会の決議を経て行うことができる。
   3 前項の委員会の他、理事会の決議により特別委員会を置くことができる。
第11条 この法人は、理事会の決議により運営上必要と認められたときは、室制度を採用することができる。
第12条 この法人は、その目的達成のため理事会の決議により必要と認められたときは、重点事業制度を採用するこ

     とができる。
第13条 正会員は何れか1つの委員会等に所属しなければならない。ただし、正副理事長、直前理事長及び監事は、

     この限りではない。
第14条 理事長は、理事のうちから理事会の承認を得て各委員長を任命する。
   2 副委員長は委員長に事故あるとき、その職務を代理する。
第15条 委員長が任期途中において退会、死亡等により、欠員となった場合には、副委員長を委員長とする。ただ

     し、理事会における議決権をあたえない。
第16条 委員長、副委員長及び委員の任期は、事業年度に従うものとする。
第17条 委員長は委員会を代表し、会務を統括する。委員長は委員会の会議を招集し、その議長となる。
第18条 委員会は理事長がその目的を提示して会合を請求した場合のほか、委員長が必要とみとめた場合召集する。
第19条 各委員会の決議は委員の2分の1以上出席し、その過半数の同意を得て決定する。
第20条 委員長は委員会の決議事項及び出席状況を文章によりその都度、理事長に報告しなければならない。
第21条 委員会において決議した事項は、理事会の議を経て執行する。
第22条 必要があるときは、2つ以上の委員会により合同委員会を開くことができる。この場合の議長は、関係委員

     会の合議によって決する。
第23条 設置委員会の業務は原則として次の通りとする。
    (1)定款その他諸規定の検討、整備を担当し、法人に関する書類の作成、並びに役員の登記、総会及び理

       事会の開催及び褒賞、表彰に関する件、選挙管理に関する件その他庶務全般に関する事項

    (2)指導者訓練を基調として、会員の資格の向上のための研修会、見学会等の企画実施に関する事項
    (3)まちづくり計画に関する研究、推進及び実施並びに地域開発及び社会開発に関する事項
    (4)経済活動に関する研究調査を積み、地域経済に寄与し企業経営者としての必要なセミナー研究等を行

       う事項
    (5)青少年の健全育成並びに指導に関する事項
    (6)JC意識の高揚を図るとともに出席率の向上、会員拡大への参加奨励、近隣JCとの交友を図るとと

       もに会員拡大に関する事項
    (7)会報、ニュース速報等による対内、対外における広報活動事業の推進の任に当たり青年会議所の意志

       伝達に関する事項
 

第5章 褒  賞

第24条 この法人の目的達成に著しい功績があった個人又は団体に対して理事会の決定により褒章を行う。褒章の方法につ

     いては、その都度理事会で決定する。
第25条 前条は2人以上の正会員の推薦を必要とする。

 

第6章 会員クラブ
第26条 この法人の円滑な運営と会員の親睦をはかるため、会員クラブを設置する。
   2 会員クラブの規定は別に定める。

 

附 則
  1 本規定に定めるもののほか、この法人の運営に関する必要な事項で、定款に記載のあるもの以外は、理事会において決定する。
  2 本規定は、設立許可のあった日から施行する。  

一般社団法人島田青年会議所 運営規定